医療系脱毛とサロン系脱毛の違い

医療系脱毛とサロン系脱毛の違い

医療系脱毛とサロン系脱毛の違いについて

すべての女性の悩みではないかと思われる体毛の処理。
処理しても処理しても生え止む事は知らない体毛に身体が本来持ち合わせている機能に対して神秘すら感じます。
ですが、現在の女性にしてみれば厄介な存在である事には間違いありません。

処理を繰り返す事で肌荒れ、くすみの原因になったり、
処理をしなければしないで女性的にどうかと思われる時代。

如何にトラブルなくきれいに保てるかという問題はいつまでも続きます。

そこで最近人気なのが永久脱毛です。

脱毛が済んでしまえばその名の通り永久に体毛の問題に悩まされる事はありません。

ただ、実際脱毛にも施設や種類が何通りかあり、それぞれメリット、デメリットがあります。

その中で永久脱毛を目標に脱毛を行うのであれば、
大きく分けて2通りの方法があります。

1つ目は医療系脱毛です。
名前の通り医療ですので、脱毛は医師が対応してくれます。
更に、医療機関でしか扱えないレーザー脱毛を行う事が出来ます。
メリットとしては、処置回数が短くて効果が出る事と、効果の持続が永久的という点です。
デメリットとしては、痛みががあると事、料金が高めな点です。

2つ目はサロン系脱毛です。
サロン系脱毛ではレーザー脱毛が行えないので、フラッシュ脱毛を行っている所が一般的です。
デメリットとしては、医療系脱毛より処置回数が多い、これはレーザー脱毛に比べ、フラッシュ脱毛の方が射出する出力が小さいので回数をこなさなければ効果が出にくい為です。
メリットとしては、痛みが少なく、医療系脱毛に比べ比較的料金は休めです。


メリット、デメリットを踏まえて自分に合った脱毛方法を探してみては如何でしょうか。

医療系脱毛とサロン系脱毛の違い
医療系脱毛とサロン系脱毛の違い