インプラントは人工歯

歯医者さんの宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯とくらべると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など多彩な検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分きき入れて治療をおこなえます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯医者さんが連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてちょうだい。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスがおこなわれていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかりおこなわれていれば長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。
ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと供に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
もう、こわごわキシリトールガムを噛向こともないのです。
多彩な事情からインプラント治療を初めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯医者さん院によって相当な開きがあります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯医者さん院次第です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯医者さんによるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯医者さんに相談するのが不安や誤解がないでしょう。