不妊の一因は冷え性

不妊の一因は冷え性だともいわれています。
体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血行不順を緩和して代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がお勧めです。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。
それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、避けた方が無難です。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方が良いでしょう。
「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。フルーツでは、イチゴやライチに含有量が多いと一般的に言われています。
他の果物では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲むのも良い方法だと言えますね。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
妊活中の女性以外にも、妊活中の男性にも効果があります。
それは、亜鉛の摂取によって精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取をすすめてみてください。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、不妊治療には大いに助けになると思います。
流産を経験しています。
ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経ってまた、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活について調べるようになりました。妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。